香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 12月5日ザ・スズナリ「どどめ雪」 | トップページ | 2016年10月の香港(その2) »

2016年12月24日 (土)

2016年10月の香港(その1)

12月にもう次の香港に行ってきたのにやっと10月香港の記録。郊外をたっぷり散策。芝居を2本見て、俳優のアンソニー・ウォン黄秋生に逢ってきました。二つに分けてアップします。
例によってスナップ集はFlickrです。https://www.flickr.com/photos/47382424@N08/albums/72157672480403354に吊るしてあります。
<第1日2016年10月15日>
羽田114番ゲートから香港ドラゴン航空夜行便で香港へ。機内食はシーフードパスタ。香港国際空港では初めてサテライト着で電車でイミグレに運ばれました。 
町中へはS1のバスでとんちゅん東涌の駅で地下鉄の予定でしたが、バスがなかなか来ません。あせって東涌の団地へ行くS64のバスに乗ったらなんと駅前は通らない! やむなく空港から橋を渡って東涌へ入ったところのバス停で降り、7、8分歩いて駅にたどり着きました。
九龍駅から歩いて定宿のEvergreen Hotel 萬年青酒店に荷物を預け、オースティン柯士甸の駅からつぇんわん荃湾西駅へ。映画を見に行きます。
映画の時間には少し間があるので、近くの蘭香茶餐廳で朝食にすることにしましたが、土曜の朝のこの時間帯は席を待つ人持ち帰りの人含め大混雑で、簡単には座れません。なんとか相席で着席しましたが、机のマットの下のメニューは相席の人の食器で一部隠れてます。前回食べたスペシャルセットの特餐でなく、名物のランチョンミートの入った麺は入れつつ違ったものも組み合わせてみようかと思いましたがメニューが見づらいし、見えないからメニューの紙を別に持ってきてと頼むのもカタコトの広東語では面倒だし英語で交渉するのも通じない可能性があるので妥協してまた特餐にしてしまいました。ランチョンミートの麺は入っているし,美味しいのですが、課題を残しました。
ショッピングモール荃新天地の中のゴールデンハーベスト嘉禾のシネコンで見た今回の香港での1本目の映画は《偸天特務》。アンディ劉徳華としゃおみん黄曉明の出演するアクションコメディ。監督はバリー王晶です。王晶らしいドタバタで、華仔もしゃおみんもとんでもないボケばっかり。気楽に楽しんで大笑いできる映画でした。
映画のあとは荃湾西駅ではなく荃湾駅から太子駅へ。チャリティで無料弁当を配っている基隆茶餐廳でランチ。肉入りのライスヌードル焼きそば乾炒火腩河とミルクティーのセット。おつりは寄付してきました。出ると午後の弁当配布に列ができていました。Pa150004
ランチのあとは公園で東京国際映画祭のチケットにチャレンジしましたが、システムトラブルでどうにもならないのでさむそいぽ深水埗の駅からじょーだん佐敦まで地下鉄で移動してホテルにチェックインしました。
シャワーだけ浴びてちむさーつぃ尖沙咀へ移動。チョンキンマンション重慶大厦の両替屋で香港ドルを換金し、楽器屋さんでネット予約した芝居のチケットを受取り。
そこから地下鉄でセントラル中環駅に移動し、映画館PALACE ifcで2本めの映画、香港アジア映画祭の作品《三伏天》を見ました。日本でも人気のパン・ホーチョン彭浩翔監督の北京事務所がプロデュースした作品ですが、テイストはまったくパン監督の作品とは違います。監督は英国籍のJordan Schiele。乳飲み子を抱えて授乳しながらセクシーなダンサーとして働くロロとボーイフレンド。ボーイフレンドと子供が逐電。子供探しと自分探しで上海を彷徨うロロ。中国の養子問題を描いています。上映後には監督と主演女優の黃璐のQ&Aがありました。Pa150007
映画のあとは中環駅から太子駅まで地下鉄で移動しレストラン北京老家で香港の友人と会食。北京ダックや羊肉のぎょうざを楽しみ会話も弾みました。
会食のあとは74番の緑色ミニバスでホテルへ帰りました。
<第2日2016年10月16日>
ホテル近くの百寶小食で朝ごはんのあと、柯士甸の駅から天水圍の駅へ。今日はハイキングでfacebookでおつきあいしている同年代の単身赴任で香港に駐在している日本人の方と香港の若者と待合せ。K65のバスに乗ってカキで有名な観光漁村流浮山へ。まずは添加物のないオリジナルオイスターソースで有名な汝記を目指します。バス停に大きな看板があり住所が書いてありますが、Google Mapの検索では出てきません。通りの名前も出てこないので近所の人に聞くと、メインストリートを入っていけと言われました。住所の通りと違うので半信半疑で進むと、中程にまあまあ大きな案内板があり、左に曲がって少し行くとそこが汝記でした。
添加物を入れた安いものから完全無添加で塩と水しか加えていない最高級品までずらっとオイスターソースが並んでおり、乾物も少し売っています。もちろん最高級品を買いました。Pa160008
船着場に行くとカキいかだとの間を行き交うボートが忙しく動いていて、脇では取ってきたばかりのカキを剥いて大きさで仕分けながらその場で観光客に売っていました。
お昼はメインストリート中程の邦記海鮮酒家で。海鮮を選んできてもいいと言われたので、近くの魚屋で仕入れ。かなりゼイタクに食べたので予算オーバー。若者二人の分はおごろうかと思っていましたが、少し分担してもらいました。K65のバスで天水圍の駅まで。同行者はそのままバスで写真を撮りに行くとのことでここでお別れ。電車でホテルへ戻って、ひとやすみしました。
ふたたび町に出て翌日分の映画祭チケット引き取りに歩くことにします。香港の映画館はネット予約(手数料掛かります)したチケットを引き取る機械があり、予約に使ったクレカを通せばチケットが印刷されるのですが、日本のクレジットカードは予約には使えるのに引き取り機では使えないことがほとんどです。窓口に行くことになります。また、日本も同じだと思いますが、観賞する映画館でしか引き取れません。
ホテルから近いやうまていのブロードウェイシネマテーク百老匯電影中心と地下鉄で移動した尖沙咀のモールThe Oneのブロードウェイ百老匯でチケットを引き取って、さらに地下鉄でさいいんぷーん西營盤へ。ちょうど香港に来ていたtwitterのお友だちと晩ごはん。
お友だちの泊まっているホテルで落ち合ったあと、ちぇんがい正街のマーケット街市のビルの屋台村にある紫京海鮮飯店へ。二人なのであまりたくさん取れませんでしたが、夜も海鮮でした。
晩ごはんのあとはまた地下鉄でさむそいぽ深水埗へ。人気のスイーツ屋さん康瑞涼茶へ行きました。超満員。中で食べるのはあきらめて、白木耳の糖水を持ち帰ってまた南昌街の分離帯で食べました。11月から引っ越すと貼り紙がしてあったので、少しは客席が広くなるのでしょうか。Img_20161016_205648
お友だちと別れて地下鉄でホテルに戻りました。

« 12月5日ザ・スズナリ「どどめ雪」 | トップページ | 2016年10月の香港(その2) »

香港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/64670002

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年10月の香港(その1):

« 12月5日ザ・スズナリ「どどめ雪」 | トップページ | 2016年10月の香港(その2) »

フォト

ツイッター

リンク集