香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 9月15日吉祥寺シアター「荒野のリア」 | トップページ | 9月18日ウイングフィールド「四谷怪談(猫組)」 »

2016年9月18日 (日)

9月16日彩の国さいたま芸術劇場NIMAGAWA STUDIO「『クラゲノココロ』『モモノパノラマ』『ヒダリメノヒダ』」

藤田貴大が主宰するマームとジプシーの舞台。藤田の作、演出です。

四角いスタジオの稽古場で、北側が正面で三面に客席が作られていました。

まず椅子に置かれた当日パンフと言うかプログラム的なものに驚き。造花が挟んであって香りがしています。

田舎町の青春のお話。

役者が動きながらのセリフ。リフレイン。肉体表現とセリフが韻を踏みます。いつもと同じであって、同じでない驚き。ほかの劇団では見られないここだけのもの。

まだまだ飽きません。

自由席西側最前列中央にて。


« 9月15日吉祥寺シアター「荒野のリア」 | トップページ | 9月18日ウイングフィールド「四谷怪談(猫組)」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/64219710

この記事へのトラックバック一覧です: 9月16日彩の国さいたま芸術劇場NIMAGAWA STUDIO「『クラゲノココロ』『モモノパノラマ』『ヒダリメノヒダ』」:

« 9月15日吉祥寺シアター「荒野のリア」 | トップページ | 9月18日ウイングフィールド「四谷怪談(猫組)」 »

フォト

ツイッター

リンク集