香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 7月28日マチネ本多劇場「ヒトラー、最後の20000年 ~ほとんど、何もない~」 | トップページ | 8月6日ソワレ シアタークリエ「頭痛肩こり樋口一葉」 »

2016年8月14日 (日)

8月4日神奈川芸術劇場大スタジオ「浮標」

葛河思潮社の本公演。5回目の公演にして3回がこの演目。4時間の大作です。

ホンは三好十郎の昭和初期の作品。当時死の病であった結核と色濃い戦時色による死の匂い。その中でもがく人間の姿。

長塚圭史演出の伝説の砂の舞台は圧巻でした。

役者では寝たままで演技する原田夏希が特に素晴らしかったです。

D列3番(前方下手)にて。

« 7月28日マチネ本多劇場「ヒトラー、最後の20000年 ~ほとんど、何もない~」 | トップページ | 8月6日ソワレ シアタークリエ「頭痛肩こり樋口一葉」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/64057980

この記事へのトラックバック一覧です: 8月4日神奈川芸術劇場大スタジオ「浮標」:

« 7月28日マチネ本多劇場「ヒトラー、最後の20000年 ~ほとんど、何もない~」 | トップページ | 8月6日ソワレ シアタークリエ「頭痛肩こり樋口一葉」 »

フォト

ツイッター

リンク集