香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 7月12日紀伊國屋サザンシアター「紙屋町さくらホテル」 | トップページ | 7月14日小劇場楽園「三人のホラー」 »

2016年7月24日 (日)

7月13日パルコ劇場「母と惑星について、および自転する女たちの記録」

現在のパルコ劇場での最後の新作公演。パルコ・プロデュースでモダンスイマーズ座付きの岸田戯曲賞作家蓬来竜太がホンを書き、栗山民也が演出です。

「飛んでイスタンブール」をおはこにしていた母の遺灰を持ってイスタンブールを旅する三姉妹。三人の回想の中の母とのかかわりが描かれます。

面白かったです。人生がかいまみえる感じ。

そして4人の女優さん、それぞれに声が良かった。特に志田未来。言葉が粒だって気持ちのいい舞台でした。

H列21番(中段やや上手)にて。

« 7月12日紀伊國屋サザンシアター「紙屋町さくらホテル」 | トップページ | 7月14日小劇場楽園「三人のホラー」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/63958616

この記事へのトラックバック一覧です: 7月13日パルコ劇場「母と惑星について、および自転する女たちの記録」:

« 7月12日紀伊國屋サザンシアター「紙屋町さくらホテル」 | トップページ | 7月14日小劇場楽園「三人のホラー」 »

フォト

ツイッター

リンク集