香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 6月7日王子小劇場「柿喰う客フェスティバル 露出狂」 | トップページ | 6月15日マチネ本多劇場「日の本一の大悪党」 »

2016年7月13日 (水)

6月9日彩の国さいたま芸術劇場「尺には尺を」

いまは亡き蜷川幸雄のシェイクスピアシリーズ。はからずも追悼公演になりました。病床の蜷川がどこまで演出にかかわれたのかはさだかではありませんが、それを言ってはおしまい。
今回の上演作品は喜劇。しかしちょっとほろ苦い喜劇です。そして現代の眼からすると倫理的でない部分も。
多部未華子はじめ役者さんは良かったけれど、いまの時代では理解しづらいお芝居でした。
階下の通路ではこれまでのシェイクスピアシリーズの写真展示があり、蜷川さんへの献花台、記帳台が設けられていました。
X列18番(後方通路補助席中央やや上手)にて。

« 6月7日王子小劇場「柿喰う客フェスティバル 露出狂」 | トップページ | 6月15日マチネ本多劇場「日の本一の大悪党」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/63908941

この記事へのトラックバック一覧です: 6月9日彩の国さいたま芸術劇場「尺には尺を」:

« 6月7日王子小劇場「柿喰う客フェスティバル 露出狂」 | トップページ | 6月15日マチネ本多劇場「日の本一の大悪党」 »

フォト

ツイッター

リンク集