香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 6月4日マチネ小劇場B1「新新赤と白」 | トップページ | 6月6日マチネ紀伊國屋サザンシアター「何かいけないことをしましたでしょうか?という私たちのハナシ。」 »

2016年6月10日 (金)

6月4日ソワレ小劇場711「埒もなく汚れなく」

オフィス・コットーネのプロデュース公演。コットーネ代表の綿貫凛がこだわり続けている、早く亡くなった関西の劇作家で演出家、くじら企画の大竹野正典を描いた作品をミナモザの瀬戸山美咲に作、演出を依頼した舞台です。
大竹野と妻の家族の物語が描かれている。大竹野を大きくしたい妻と、あくまで自分の身の丈にこだわる大竹野。かなり詳細なインタビューを行いつつ、ホンの面白いところはアフタートークによれば瀬戸山の創作らしかったです。劇作家の話というよりは。夫婦の話がメインで面白く見ました。妻を演じた占部房子さん、久しぶりに舞台で見たような気がしますが素晴しい演技でした。
H列5番(最後列中央)にて。

« 6月4日マチネ小劇場B1「新新赤と白」 | トップページ | 6月6日マチネ紀伊國屋サザンシアター「何かいけないことをしましたでしょうか?という私たちのハナシ。」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/63757760

この記事へのトラックバック一覧です: 6月4日ソワレ小劇場711「埒もなく汚れなく」:

« 6月4日マチネ小劇場B1「新新赤と白」 | トップページ | 6月6日マチネ紀伊國屋サザンシアター「何かいけないことをしましたでしょうか?という私たちのハナシ。」 »

フォト

ツイッター

リンク集