香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年2月の香港(第1日、第2日) | トップページ | 2月11日横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール「ガール」「オーガナイズド・カオス」 »

2016年2月26日 (金)

2016年2月の香港(第3日~第5日)

<第320162月7日>

朝はお粥が食べたいなと思って近所の彌敦粥麵家を覗きましたが、旧暦の大晦日ということもあってか開いていません。近所のお店適香園茶餐廳でチャーシュー入りインスタント麵と目玉焼きトーストの朝食を済ませます。朝風呂に浸かったあとで電車でダイヤモンドヒル鑽石山へ移動し映画です。

7本目の映画は《葉問3。 家族を守るパパ葉問の物語。良い映画です。もちろんドニー・イェン甄子丹のアクションは素晴しい。相手役の张晋かっこよかったです

鑽石山の駅ナカには一時閉まっていた持帰り壽司のお店が完全復活。時間のないときには重宝しますが、この日はスルーして電車でさむそいぽ深水埗へ。久しぶりの周記油渣麵で看板メニューの油渣麵と茹でたカイランでお昼ご飯。油渣麵は豚の脂身からラードをとった油かすを具にした麺です。お昼のあとはスマートフォン用の予備バッテリーを買っていったんホテルに戻りました。

買物を置いてトイレを済ませて電車で香港島へ。香港でしか乗れない2階建て路面電車を使った観光ツアーです。実は香港で路面電車の本を出しているfacebookの友だちのJoseph Tseさんに「ぜひ乗って感想をネットに上げてくれ」と連絡を貰っていたのです。Josephさんは出発の場所までわざわざ会いに来てくれました。ツアーは2階がオープントップになっている観光車両を使い、香港島の北側と競馬場を回る支線を通って一時間ほど走ります。この日は天気も良く爽快な気分で、見慣れた景色もオープントップからみるとまた格別でした。P2070030

路面電車ツアーのあとは映画。終点のとんろわん銅鑼灣の映画館でちょうどいい時間の上映があったのですが、香港全土で最大の花市の会場がすぐ近くのため、歩道がごった返しており、遅刻してしまいました。

8本目の映画は《西遊記之孫悟空三打白骨精かたき役の化け物を大女優コン・リーが演じていてちょっと驚きました。

映画のあとはちょうど香港に来られていた日本のフォトジャーナリストのご夫婦と四川料理の晩ごはん。ミシュランに載っている店で美味しかったです。

お二人と別れたあと、ビクトリア・パーク維園の花市を覗いてみました。公園の外の行列はなくなっているので少しは人が減ったかと思いましたが、中は大混雑。ブースをゆっくり見るのも無理そうなので退散しました。新しいテレビ局や政治団体のブースが賑わってました。Img_20160207_222447

帰りはトンネルバスに乗りましたが、間違えてホテル近くを通らない106番に乗ってしまいました。幸いすぐに気がついたので、トンネルを出たバス停で112に乗り換え。ぶじホテルに戻って休みました。

 

<第420162月8日>

この日は旧正月の元日。朝ごはんを食べられる店を探しましたがみな閉まっていたので、素直にマクドナルドで朝食を持帰り。

朝風呂のあと電車で觀塘に映画を見に行きます。

9本目の映画は《美人魚2D》。ぎりぎり満席の直前で入れました。チャウ・シンチー監督のお正月映画。本人は出ていないが、ドタバタコメディでありつつもラブロマンスとしてのプロットがしっかりしているので見応えがある。主演の鄧超もこの役にぴったり。ヒロインの林允も可愛い。とても良く出来た映画。

映画のあとは、facebookのお友だちのケニーさんが主催する日本人と香港人で交流して香港の正月行事を味わうパーティ。でも食事時間が遅いというので、パンを買って食べてから会場に向かいました。ところが、入り口がわかりません。迎えにきてもらいました。正月休みなので、ビルの入り口が一箇所しか開いていなかったのでした。古い工場ビルの一室を改装したパーティルームで書き初め、正月料理、マージャン、ダイスゲームなどで楽しい時間を過ごしました。Dsc_0051 お正月料理のお餅を炒めて卵を絡めるのは初めて知りました。遊んでいると、別のお友だちから夕食のお誘いが。電車で尖沙咀へ移動し、ショッピングモール ハーバーシティ海港城の上海料理屋さん翡翠拉麵小籠包で早めの夕食。海港城は元日恒例の花車巡遊というパレードを待つ人が増えてきています。このお店は名前のとおり麺と小籠包を中心にした小奇麗な軽い上海料理のお店。もともとシンガポール資本で香港に進出しいまではかなりの数の支店を持っていますが、いまはフランス資本になっているそうです。

ケニーさんも片づけを終えて合流すると言っていたのですが、人ごみに揉まれてかなり終わり間際にようやく到着。ケニーさんにも少し食べてもらって、早めの夕食のあとは、海港城の前でケニーさんとパレード見物。生で見るのは初めて。人ごみで大変でしたが、ライブ感覚でみられて楽しかったです。P2080170

パレードのあと、ケニーさんと一緒に近くのチェーンのスイーツショップ ほいらうさん許留山に入って甘いものを食べました。正月価格でかなり高くなっていました。電車でホテルに戻って休みました。

 

<第520162月9日>

香港最終日ですが、起きたら大変なことに。香港でも有数の繁華街で一昨年の雨傘運動の道路占拠箇所の一つでもあったモンコック旺角で事件が起きていました。旧正月三ヶ日は警察も手薄で、香港のあちこちから無許可屋台が旺角あたりに集まってくるのをかつては警察側が黙認していたのが、雨傘運動後の昨年から取り締まる動きがあり、本土派と呼ばれる大陸中国に反発する民主派の中でも香港の独自性を主張するグループの一部武闘派が取り締まりがあったら抵抗しようと準備していたようです。それに対し警察は手薄なので危険を感じて火器を使って威嚇するものがあった(香港では違法で他の警官には止められてた)ため火に油を注ぎ、火をつけるなどの暴動まがいの騒ぎに発展していました。朝方は電車も旺角を通過するほど。

悲しくて、こんな日に香港で遊ぶなんて不謹慎かと思いましたが、twitterで香港在住のかたから旺角だけ避ければいいよとお話頂き、予定通り活動することに。パスタ入りボルシチが美味しい金發餐廳で朝食のあと、お風呂に入ってホテルをチェックアウト。荷物はホテルに預かってもらって74番の緑ミニバスで九龍駅にあるショッピングモールエレメンツ圓方の映画館へ。香港では映画館によってシニアの年齢が違い、この映画館では61歳のわたしはまだシニアでないはずなのですが、年齢を聞かずにシニアのチケット売ってくれました。

10本目の、今回の香港で最後の映画は《臥虎藏龍:青冥寶劍》。《臥虎藏龍》、日本の題名「グリーン・デスティニー」の後日談になります。前作にも出てきた宝剣「グリーン・デスティニー」を巡る戦いを描きます。刀の名前が副題になってますが、前作では日本独自に題名を「グリーン・デスティニー」にしちゃったんで、日本で上映するとしたら「グリーン・デスティニー2」で副題なしになるんでしょうね。監督は前作のアン・リー李安に代わってアクションが得意なユエン・ウーピン袁和平なのでアクション映画色が濃く、プロットはいまひとつ深みがありません。アクション映画としてみればそう悪くもないのですが、前作のような凄い映画という感じではありません。まあミシェル・ヨー楊紫瓊とドニー・イエン甄子丹が見られれば満足です。

映画のあとは初詣。逆方向の74番の緑ミニバスでやうまてい油麻地へ。電車に乗り換えようとしたら爆竹の音。香港の町中は爆竹禁止のはずですが、獅子舞の景気づけに鳴らしてました。P2090173 電車で道教のお寺うぉんたいしん黃大仙へ。何回か来たことはあるのですが、初めてきちんとお線香上げてお参りし、縁起物の風車も買いました。お参りのあとは向かいのショッピングモール黃大仙中心にあるイタリアンレストラン イタモモカフェ意八へ。ドリアとブラックコーヒーのお昼ご飯を食べました。評判のいいお店なんですが、ドリアはちょっとご飯とソースのからみがいまひとつでした。コーヒーは美味しかったです。

お昼のあとは電車でたいわい大圍の駅から車公廟へ。ここも道教のお寺ですが、香港ローカルの神様車公を祭っており、しかも一月二日は車公の誕生日のお祝いの日になっています。ここでは境内で風車をまわし、太鼓を叩いて幸運を祈ります。また風車を買って、次のお参りスポットへ。

たいうぉー太和の駅から63Rのダブルデッカーに乗り、林村許願樹へ。今年もネットでのフォロワーさんの幸せを祈願し、みかんを木に掛けました。

香港の旧正月の一月二日は年中行事として花火がありますが、ちょっと早い。一箇所映画のロケ地に寄ることにします。かおるんとん九龍塘駅で降り、近くの、初日に見た映画《紀念日》のロケ地で写真を撮りました。駅からけっこう歩いたので、帰りは41Mの緑ミニバスを使って九龍塘まで。花火までに軽くなにか食べようかと、九龍塘駅のショッピングモール フェスティバル・ウォーク又一城を物色しましたが、そこそこ混んでます。弁当でも買おうかと思いましたが、食べる場所があるかどうかわからないのでドリンクだけ。マンゴードリンクの楊枝甘露を飲んで小腹の足しにします。

花火は海港城で見るつもりだったのですが、昨日の様子では尖沙咀は人が多そうだったので電車を乗り継いで柯士甸の駅から海港城まで歩きました。花火はもう始まってましたが、さほど大きく遅れずに海港城屋上駐車場に到着しました。ここはあるブログで穴場として紹介されていたのですが、今年は見やすい場所は有料の囲われたエリアになっていました。ただ、かなり広い駐車場の半分くらいは無料開放で、大勢の人で賑わっていました。会場のビクトリア港両岸の海岸沿いのごった返しに比べればそれでもゆったりと無料で見られます。一部ビルの陰になって見切れてしまうのですが、大半の花火はきれいに見えます。香港の旧正月花火大会はこれでもかこれでもかと連続して打ち上げるのが特徴。そして短時間でおわります。P2090181

花火のあと、尖沙咀から電車で油麻地へ移動し、低価格の食べ放題を最近始めてニュースになっていたお店を見てみましたが、正月で早仕舞いしていました。近くでチェーンのお粥屋さん海皇粥店が開いていたのですが、混んでいました。でも開いている店は少ないので待って入ることにしました。最後の晩ごはんはピータンと細切り肉のお粥。ホテルで荷物と貴重品をピックアップし、パッキングを整理。時間たっぷりあるので来たときと同じく遅いけれど安いE23のバスに乗りました。ラウンジで夜食を食べながら時間を潰したあと、夜行のCX524で成田に帰国しました。ちょっと失敗だったのは、風車を持ち歩いていてちょっと折れてしまったのと、素焼きの手鍋ぼうちゃい煲仔を預ける手荷物から出して機内に持ち込むときのパッキングが悪くて割っちゃったこと。次への課題が残りました。

« 2016年2月の香港(第1日、第2日) | トップページ | 2月11日横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール「ガール」「オーガナイズド・カオス」 »

香港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/63266178

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年2月の香港(第3日~第5日):

« 2016年2月の香港(第1日、第2日) | トップページ | 2月11日横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール「ガール」「オーガナイズド・カオス」 »

フォト

ツイッター

リンク集