香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 10月5日紀伊國屋ホール「マンザナ、わが町」 | トップページ | 10月6日東京芸術劇場シアターウエスト「父よ!」 »

2015年10月10日 (土)

10月5日PARCO劇場「ダブリンの鐘つきカビ人間」

PARCOプロデュース公演。演目は後藤ひろひとが劇団遊気舎の解散公演に書き下ろした脚本で、その後PACROプロデュースでG2演出で上演されました。今回もG2演出での再演になります。わたしは遊気舎の公演を見ていますが、G2演出のものは初めて。
後藤のホンがしっかりしているので、骨組みはまったく変わりません。アフタートークでの後藤の話では今回のカビ人間は素直で裏がないということでした。G2版では大倉孝治とかがやっていますので、一癖も二癖もあるカビ人間だったのでしょうか。
心と言葉が引き裂かれたヒロインに20年ぶりに涙しました。
H列15番(中段中央下手)にて。

« 10月5日紀伊國屋ホール「マンザナ、わが町」 | トップページ | 10月6日東京芸術劇場シアターウエスト「父よ!」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/62450089

この記事へのトラックバック一覧です: 10月5日PARCO劇場「ダブリンの鐘つきカビ人間」:

« 10月5日紀伊國屋ホール「マンザナ、わが町」 | トップページ | 10月6日東京芸術劇場シアターウエスト「父よ!」 »

フォト

ツイッター

リンク集