香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 7月2日マチネ 東京芸術劇場シアターイースト「cocoon」 | トップページ | 7月7日紀伊國屋サザンシアター「父と暮らせば」 »

2015年7月15日 (水)

7月6日新国立劇場小劇場「かがみのかなたはたなかのなかに」

新国立劇場のプロデュース公演。長塚圭史が作・演出する舞台ですが、主演でクレジットされているのが近藤良平というダンスカンパニーコンドルズの主宰であるダンスの鬼才で、彼が振付。そして高麗屋の松たか子、バレエダンサーの首藤康之に長塚の4人芝居です。この4人は2012年にもここで芝居の座組みがあったようですが、わたしは見ていません。
長塚のここ2年ほどの芝居はよく見ていますが、オリジナルは面白いけれど暗い感じ、翻訳ものはけれん、ギミックのあるものを取り上げチャレンジしていい舞台に仕上げているけれど、いまひとつ画竜点睛を欠くようなもどかしさがありました。
今回は自らオリジナルで奇妙な世界に挑戦。そして振付の近藤がいい仕事しています。夏休みの子供も含めたターゲットとしたのがむしろ良かったかも。子供に見せるのがもったいないような、そんな大人の芝居に仕上がりました。
D4列17番(やや後方上手)にて。

« 7月2日マチネ 東京芸術劇場シアターイースト「cocoon」 | トップページ | 7月7日紀伊國屋サザンシアター「父と暮らせば」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/61890329

この記事へのトラックバック一覧です: 7月6日新国立劇場小劇場「かがみのかなたはたなかのなかに」:

« 7月2日マチネ 東京芸術劇場シアターイースト「cocoon」 | トップページ | 7月7日紀伊國屋サザンシアター「父と暮らせば」 »

フォト

ツイッター

リンク集