香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年6月の香港その2(第5日~第8日) | トップページ | 8月4日マチネこまばアゴラ劇場「彼らの敵」 »

2015年7月26日 (日)

7月20日シアター風姿花伝「鬼FES2015」

□字ックという劇団が主催している演劇のフェスティバル。オールスタンディングで同じ建物の3つのステージ(うち二つは物理的に重なっていて同時上演はなし)を使い同じ場所で劇団、団体が入れ替わりながら短い舞台を続けます。
□字ックについてはこの日に見た舞台以外予備知識は無かったのですが、女性の劇団で男優は客演、作・演出をやっている主宰は山田佳奈。
以下は見た舞台の一行紹介もしくは感想です。
オープニングは□字ック内のユニット「床上手」の歌。コミカルな演出はあるけれど演劇性少なし。
二本目は佐藤もとむ一人芝居というかお笑い芸。テレビの忠臣蔵を一人で再現。
3本めのなかないで、毒きのこちゃん面白かった。偶然のパフォーマンスと見せかけての愉快なお芝居。
4本めは白昼夢の紙芝居。見立てがおもしろい。
5本めピヨピヨレボリューションはミュージカル。客席も巻き込んでノリノリ。
6本目PAPALUWAは3人落語。
7本目3.14chは主宰のムランティン・タランティーノ氏出ずっぱりで寝ていた。舞台では漫才とコント。
8本目小林光は一人芝居というより一人肉体パフォーマンス?
9本目コロブチカはシェイクスピアのタイタス・アンドロニカスの翻案ヤクザもの。
10本目ラス前のこどもはれんちのショートコント集、身体を目一杯使ってとっても面白かった。
トリは主宰団体の□字ック。バンド演奏に載せての朗読劇。女性の嫉妬を巧みに表現している。
楽しいFESでしたが、□字ックが東京芸術劇場に出るため来年はお休みとのことです。

« 2015年6月の香港その2(第5日~第8日) | トップページ | 8月4日マチネこまばアゴラ劇場「彼らの敵」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/61962715

この記事へのトラックバック一覧です: 7月20日シアター風姿花伝「鬼FES2015」:

« 2015年6月の香港その2(第5日~第8日) | トップページ | 8月4日マチネこまばアゴラ劇場「彼らの敵」 »

フォト

ツイッター

リンク集