香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 7月7日紀伊國屋サザンシアター「父と暮らせば」 | トップページ | 7月18日ソワレあうるすぽっと「ロミオとジュリエット」 »

2015年7月20日 (月)

7月18日マチネ東京芸術劇場シアターイースト「墓場、女子高生」

売れっ子の福原充則が作・演出を務める劇団ベッド&メイキングスの本公演。第1回公演での演目の再演ですが、わたしは初めて。
墓場にさまよう女子高校生中野の霊と、もうひとりの霊、そして妖怪の会話と、生きている彼女の合唱部仲間とオカルト部も絡んだサボリ女子高生の会話。先生と、この墓場に休憩に来る営業マンも絡んで話はコミカルに進みます。合唱部なのでミュージカル的要素もあり。
はたして彼女はなぜどうして死んだのか興味津々。そして蘇りの儀式が…
舞台の高さをうまく使った演出もあり、面白い舞台です。
ただ、最近の女子高生が色っぽいとしても全員色気がありすぎるのはちょっと違和感がありました。
J列14番(中段中央)にて。

« 7月7日紀伊國屋サザンシアター「父と暮らせば」 | トップページ | 7月18日ソワレあうるすぽっと「ロミオとジュリエット」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/61921133

この記事へのトラックバック一覧です: 7月18日マチネ東京芸術劇場シアターイースト「墓場、女子高生」:

« 7月7日紀伊國屋サザンシアター「父と暮らせば」 | トップページ | 7月18日ソワレあうるすぽっと「ロミオとジュリエット」 »

フォト

ツイッター

リンク集