香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4月11日新国立劇場小劇場「ウィンズロウ・ボーイ」 | トップページ | 4月26日SPACE雜遊「ゼブラ」 »

2015年4月13日 (月)

4月11日ソワレ赤坂REDシアター「クライムス・オブ・ザ・ハート」

アメリカの女性劇作家ベス・ヘンリーの「悲劇的コメディー」。田中壮太郎が訳・演出。

アメリカ南部の町の三姉妹の物語。長女の誕生日とその翌日の二日間。この誕生日が驚いたことにわたしと同じ日。1974年が舞台で長女は40歳となってるので、わたしより二十年前に生まれてます。
町の有力者である弁護士に嫁いだ三女が夫を銃で撃つ事件があって、西海岸に行ったきりの次女が帰ってきます。父が出て行き、母は自殺している三姉妹。長女は祖父の看護で恋愛もできず。次女は西海岸でいろいろあったようで、三人とも心の闇を抱えてます。
しかしそれでも明るく楽しいコメディになっています。
6人しか登場しないお芝居で、役者さんが皆さん生き生きしてます。栗田桃子さんは初めて大きな役で見ましたが、広岡由里子さん趣里ちゃんに負けず劣らず良かったです。
新国立劇場小劇場のシアタートークをあきらめて当日券買いに走った甲斐があって、かぶりつきの席で堪能しました。
C列10番(最前列やや上手)にて。

« 4月11日新国立劇場小劇場「ウィンズロウ・ボーイ」 | トップページ | 4月26日SPACE雜遊「ゼブラ」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/61435549

この記事へのトラックバック一覧です: 4月11日ソワレ赤坂REDシアター「クライムス・オブ・ザ・ハート」:

« 4月11日新国立劇場小劇場「ウィンズロウ・ボーイ」 | トップページ | 4月26日SPACE雜遊「ゼブラ」 »

フォト

ツイッター

リンク集