香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 11月25日武蔵野芸能劇場「ヒトヒトヒト」 | トップページ | 12月6日ソワレザ・スズナリ「トロワグロ」 »

2014年12月 4日 (木)

12月3日ソワレ本多劇場「吉良ですが、なにか」

伊東四朗生誕?!77周年記念と銘打った舞台。三谷幸喜の書き下ろしのホンをラサール石井が演出してます。

先月の「紫式部ダイアリー」が徹底した笑いであざといくらいのお話だったのに比べ、今回のホンはペーソス漂うお話です。でもやはり喜劇。人間の面白さが描かれます。

役者さんの中で、もちろん伊東四朗さんいいのですが、戸田恵子さんの芸が光りました。そして息子の伊東孝明さんも共演しています。

お客さん全員に入場時に伊東さんからの芝居の外題のロゴの入ったエコバッグがプレゼント。舞台挨拶では前のステージのアンケートを読み上げてもらい、最後はスポンサーのヤクルトからタフマンのプレゼント。至れり尽くせりでした。

ホ-12(前方上手補助席)にて。

« 11月25日武蔵野芸能劇場「ヒトヒトヒト」 | トップページ | 12月6日ソワレザ・スズナリ「トロワグロ」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/60756131

この記事へのトラックバック一覧です: 12月3日ソワレ本多劇場「吉良ですが、なにか」:

« 11月25日武蔵野芸能劇場「ヒトヒトヒト」 | トップページ | 12月6日ソワレザ・スズナリ「トロワグロ」 »

フォト

ツイッター

リンク集