香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 3月22日ソワレ PARCO劇場「万獣こわい」 | トップページ | 3月30日マチネ 小劇場 楽園「エッシャーの家」 »

2014年4月 1日 (火)

3月29日マチネ シアターオーブ「蒼の乱」

人気の高い劇団☆新感線のひさしぶりの本公演。いのうえ歌舞伎と銘打った歌あり踊りありのシリーズです。

今回の舞台は平将門・藤原純友の時代がモデルの背景になっていますが、べつにリアリズムではありませんので完全なおとぎ話になっているのはいつもの通りです。
主人公は異国から渡ってきた女、蒼真。天海祐希が演じます。むかしわたしが宝塚月組トップだったかなめさんこと涼風真世を追っかけていたとき、二番手がゆりちゃんこと天海祐希でした。歌の力で圧倒するかなめさんに対してゆりちゃんは歌が不安定。でものびやかな容姿に加えて内面に屈曲したところのある役柄を演じさせたら並ぶもののない、抜群の演技力の役者さんでした。
この日の舞台でも演技はみごと。歌が心配だったので、「歌わせないといいのに」と思っていました。でも、やはり歌う場面がありました。けっこうこの日は調子いいかなと思って聞いていたらそのとたん声が一瞬裏返ってしまいました。
でもそんなのかまいません。芝居はすごかった。
新感線の本公演は座付き作家の中島かずきが台本を書いているのですが、正直いって演出や役者に負けていて、あまりわたしは好みではありません。
でもこの日の舞台は、そんなことを考えないほどに役者がすばらしく圧倒的でした。ゆりちゃんだけでなく、マツケンも高田聖子ちゃんも梶原善ちゃんも早乙女太一も平幹も。
当日券抽選販売ということで心配していましたが、端っこだったものの最前列で見られて最高でした。
1階5列42番(最前列上手端)にて。

« 3月22日ソワレ PARCO劇場「万獣こわい」 | トップページ | 3月30日マチネ 小劇場 楽園「エッシャーの家」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/59394598

この記事へのトラックバック一覧です: 3月29日マチネ シアターオーブ「蒼の乱」:

« 3月22日ソワレ PARCO劇場「万獣こわい」 | トップページ | 3月30日マチネ 小劇場 楽園「エッシャーの家」 »

フォト

ツイッター

リンク集