香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 12月8日 三鷹市芸術文化センター星のホール「身の引きしまる思い」 | トップページ | 12月14日マチネ シアターコクーン「マクベス」 »

2013年12月17日 (火)

12月9日東京グローブ座「フランケンシュタイン」

ジャニーズ事務所のスター少年隊の東山紀之とV6の坂本昌行が、ビクター・フランケンシュタイン博士と博士の造り上げた怪物・クリーチャーの二人の主人公を入れ換えダブルキャストで演じる舞台。上演台本は急に売れっ子になってきた倉持裕、演出は自転車キンクリートの鈴木裕美です。もともとイギリスの脚本を訳したもの。イギリスでも話題の舞台だったようです。

博士主体の場面もありますが、どちらかというと主役は怪物のほう。この日は坂本が演じました。怪物を造り上げて逃げ出した博士。姿の奇怪さで嫌われ、怖がられる怪物の哀しさを描いていく舞台でした。
当日券の列に並ぶ数十人がほとんど女性。ちょっとアウェイ感がありましたが、重厚ないい舞台でした。
2階B列4番(下手端)にて。

« 12月8日 三鷹市芸術文化センター星のホール「身の引きしまる思い」 | トップページ | 12月14日マチネ シアターコクーン「マクベス」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/58774376

この記事へのトラックバック一覧です: 12月9日東京グローブ座「フランケンシュタイン」:

« 12月8日 三鷹市芸術文化センター星のホール「身の引きしまる思い」 | トップページ | 12月14日マチネ シアターコクーン「マクベス」 »

フォト

ツイッター

リンク集