香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4月14日 東京藝術劇場シアターイースト 「ゴドーは待たれながら」 | トップページ | 5月5日ソワレ 中野ザ・ポケット「あなたに会えてよかった」 »

2013年4月20日 (土)

4月18日 新国立劇場小劇場「効率学のススメ」

新国立劇場がプロデュースして海外の劇作家・演出家とコラボする企画「with」。今回はウェールズ人の作・演出で、登場人物はアングロサクソンっぽい名前になってます。

舞台は現代のバイオ企業の研究開発部門。これが思った以上にリアルです。自分が仕事で知っている現実の企業をよく知って作った脚本です。完全に戯画として使うならまだしも、中途半端にリアルだと芝居全体が嘘っぽく見えるものですが、感心しました。
リアリズム的骨格がしっかりしている一方、演出の見せ方は大胆。小劇場の真ん中に贅沢に作った舞台を客席が取り囲んで、正面がありません。役者さんは大変。舞台装置も簡素で、たとえばデスク上のPCのモニターは枠だけです。
そして物語は人生における無駄と効率、享楽主義とストイシズムの相剋を描きながらもやさしく登場人物を包み込みます。
役者さんはみな素晴らしいできで、緊張感のある舞台を楽しめました。
見終わったあと、思わずtwitterで「こんな芝居が見たかったんだよぉぉ」とつぶやきました。ほんとに楽しい芝居でした。おすすめ。
R2-20(入って右側舞台から2列め少し手前)にて。

« 4月14日 東京藝術劇場シアターイースト 「ゴドーは待たれながら」 | トップページ | 5月5日ソワレ 中野ザ・ポケット「あなたに会えてよかった」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/57210600

この記事へのトラックバック一覧です: 4月18日 新国立劇場小劇場「効率学のススメ」:

« 4月14日 東京藝術劇場シアターイースト 「ゴドーは待たれながら」 | トップページ | 5月5日ソワレ 中野ザ・ポケット「あなたに会えてよかった」 »

フォト

ツイッター

リンク集