香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4月13日マチネ 東京藝術劇場プレイハウス「おのれナポレオン」 | トップページ | 4月18日 新国立劇場小劇場「効率学のススメ」 »

2013年4月14日 (日)

4月14日 東京藝術劇場シアターイースト 「ゴドーは待たれながら」

ナイロン100℃の大倉孝治の一人芝居。1992年にきたろうが演じたいとうせいこうの芝居の再演です。わたしは初演は未見。

有名な不条理劇「ゴドーを待ちながら」の裏バージョンとして待たれている男が主人公となっています。いつだれがどこで待っているかを思い出せずにいる男の延々と続くモノローグの中に、待つこと待たれることの意味を問いかけます。面白かったです。
人間、だれかに待たれていると生きる張りになりますよね。
N-14(後方やや上手)にて。

« 4月13日マチネ 東京藝術劇場プレイハウス「おのれナポレオン」 | トップページ | 4月18日 新国立劇場小劇場「効率学のススメ」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/57173832

この記事へのトラックバック一覧です: 4月14日 東京藝術劇場シアターイースト 「ゴドーは待たれながら」:

« 4月13日マチネ 東京藝術劇場プレイハウス「おのれナポレオン」 | トップページ | 4月18日 新国立劇場小劇場「効率学のススメ」 »

フォト

ツイッター

リンク集