香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月16日 (日)

12月15日マチネ シアターコクーン「祈りと怪物」

ナイロン100℃のケラリーノ・サンドロヴィッチが書き下ろしたプロデュース舞台。自身の演出と、来月の蜷川幸雄演出の連続上演が見ものです。

ゴシックロマン的な雰囲気もある妖しいおとぎ話です。舞台の町はナチスを思わせる鉤十字を二つ重ねたマークの教会があります。ヒヨリと呼ばれる差別される人たちは、ユダヤ人迫害を思わせます。

この町を暴力で支配する男ドン・ガラスとその三人の娘たち。長女の恋人は教会の司祭。神を信じない司祭は流れ者の錬金術師と組んで民衆を騙します。次女の恋人は町の外に流れて戻ってきたヒヨリです。自分と母を捨てた父親を探して復讐を企てています。三女の恋人は祖母の双子の妹の孫です。びっこです。妹は恋人を奪った祖母を恨んでいます。

ギリシア悲劇風のコロスを交えての芝居。中にはいまの政治を風刺したような台詞もちょっとだけ出てきますが、あくまでおとぎ話です。

もと宝塚の久世星佳(ノンちゃん)がいい味出してました。ステキな女優さんになりましたね。

G-9(中央やや前方)にて。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

フォト

ツイッター

リンク集