香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年6月の香港 第4日、第5日 | トップページ | 9月2日マチネ 世田谷パブリックシアター「英国王のスピーチ」 »

2012年8月20日 (月)

8月17日 本多劇場「鎌塚氏、すくい上げる」

倉持裕作・演出のコメディ。パンフによれば、自ら主宰する劇団「ペンギンプルぺイルパイルズ」の芝居が「わからない」と言われ、誰にもわかる芝居を作ろうとチャレンジしたが、それでも「わからない」と言われてその反省をふまえて作ったのが前作の「鎌塚氏、放り投げる」だそうです。わたしはその作品見ていないのですが、たしかに二月に見た彼の劇団の本公演に比べると格段にわかりやすいかもしれません。基本を押さえたウェルメイドプレイです。

しかし、緻密な台詞の繋ぎ方、装置の面白さなど、倉持芝居の面白さは一貫しています。この人にかかると台詞も舞台装置みたいな感じになります。そして歌が入ります。この歌の使い方も巧み。

決して派手なつかみはないのに、淡々と知らず知らずのうちに芝居の世界に観客は取り込まれていきます。あざとく本能をつくような驚かせ方はないのに、少しずつの驚きに心は踊っていき、舞い上がります。

気持ちよく大笑いして、心から手が痛くなるほど拍手しました。

D-24(上手前方)にて。

« 2012年6月の香港 第4日、第5日 | トップページ | 9月2日マチネ 世田谷パブリックシアター「英国王のスピーチ」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/55470703

この記事へのトラックバック一覧です: 8月17日 本多劇場「鎌塚氏、すくい上げる」:

« 2012年6月の香港 第4日、第5日 | トップページ | 9月2日マチネ 世田谷パブリックシアター「英国王のスピーチ」 »

フォト

ツイッター

リンク集