香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2月25日マチネ リリオホール「女たちのジハード」 | トップページ | 3月30日 座・高円寺1「満ちる」 »

2012年3月 4日 (日)

3月2日 座・高円寺1「八百屋のお告げ」

松金よね子、岡本麗、田岡美也子という三人の女優が26年前から続けている演劇ユニット、グループる・ばるの公演。脚本を書いたのが喇叭屋の鈴木聡、演出がじてキンの鈴木裕美だから楽しくないわけがありません。

このお芝居は2006年に初演されたものの再演。キャストも一人が変わっただけです。わたしが芝居から遠ざかっていた時期なので、初演は見ていません。今年の再演は横浜でやって、東北を回ってきたそうです。死ぬことそして生きることを描いたこの舞台は被災地の人たちにも元気を与えたとおもいます。

夫と別れ独り暮らしの中年女子多佳子はよく当たると評判の近所の八百屋から夜中の12時に死ぬとお告げされている。その「最後の一日」を共に過ごす女たちそして男たち。

人間は死に向かって後ろ向きで歩いているようなもの。いつ死ぬかわからないからこそ、毎日を充実して生きたい。人間だれも死ぬのは一人ずつ。だからこそ人とのかかわりを大切にして生きたい。そんな気持ちにさせる舞台。「死ぬときはひとりぼっち」という本の題名を思い出しました。

花組芝居の加納幸和さんが若いのでびっくり。年取らないのね、役者さんは。

I-11(後方中央)にて。

« 2月25日マチネ リリオホール「女たちのジハード」 | トップページ | 3月30日 座・高円寺1「満ちる」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/54140960

この記事へのトラックバック一覧です: 3月2日 座・高円寺1「八百屋のお告げ」:

« 2月25日マチネ リリオホール「女たちのジハード」 | トップページ | 3月30日 座・高円寺1「満ちる」 »

フォト

ツイッター

リンク集