香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年6月の香港 第3日~5日 | トップページ | 7月3日 ザ・スズナリ「家には高い木があった」 »

2011年7月 7日 (木)

7月2日マチネ 世田谷パブリックシアター「ベッジ・パードン」

舞台に向かって右側の立ち見席にて観劇。
三谷幸喜作・演出の芝居。3時間を超す芝居ということで、立ち見に耐えられるかちょっと心配でしたが、休憩前までは快調で時間が短く感じました。しかし休憩のあとは一転してちょっと重苦しかった。
英国留学中の夏目漱石がイライザ・ドゥーリトルまがいの下町娘のメイドと出会うという設定で、コメディの中に差別問題を散りばめて話が展開していきます。伏線としていくつかの切り口にのぞいていた葛藤がだんだん姿になってきて、ストーリーがシリアスに展開してくると土台のコメディの流れにうまく乗らなくなってくる。最近の三谷作品ではこういう傾向が目立ちます。シリアスなテーマはもっと奥深くに隠して徹底的にコメディ路線で展開し、最後の一撃で人生の渕を見せて終わるくらいにした方がむしろ観客の心にテーマが残るような気がするのですが、どうでしょうか。浅野和之の早変わりが面白い。

« 2011年6月の香港 第3日~5日 | トップページ | 7月3日 ザ・スズナリ「家には高い木があった」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/52145566

この記事へのトラックバック一覧です: 7月2日マチネ 世田谷パブリックシアター「ベッジ・パードン」:

» コックニーって何?〜Bow Bellsの音が聴こえますか? [マンツーマン英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・ETC英会話は初歩からビジネス英語まで ]
110715.mp3 (3分48秒)初めてのロンドン出張。空港からタクシーに乗りました。英会話はマンツーマンで勉強してきたつもりなのでが、運転手の英語が全くわか... [続きを読む]

« 2011年6月の香港 第3日~5日 | トップページ | 7月3日 ザ・スズナリ「家には高い木があった」 »

フォト

ツイッター

リンク集