香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月

2011年2月13日 (日)

香港の記録(第四日・第五日)

<4201128

この日は火曜で映画が安くなる日です。旧正月期間は各種割引は無いので劇場によっては火曜でも同じ値段のところもありました。また、普段は日曜の朝は早朝9時台から上映があって一回目は普段の6割くらいの安い値段で見られますが、旧正月期間中は毎日この早朝の回をやってました。映画をたくさん見るにはいい時期です。旧正月のお祭り騒ぎ映画もやってますので。

この日は朝食を食べに澳洲牛奶公司に行ってみたけど正月休み。ライバルの牛乳屋さんである義順に行ってみましたが、ここの朝食は澳洲と違ってほかの店と変わらない素朴な味でした。そのあと銀行でHKドルを両替して補充し、バスでスターフェリー埠頭へ。バス会社のKMBのキャラクターであるバスっ子の絵が書いてある模型バスを買ってからスターフェリーでセントラルへ。たまたま一隻だけ?カラフルに彩色してあるフェリーP2080365 に乗りました。目的はセントラルのショッピングセンターIFCモールにある映画館PALACE IFCだけ単館で継続上映している中国映画「非誠勿擾2 」。しばらく前に香港で見た映画の続編です。けっこうぎりぎりに着いて、チケット並んで買っていたら遅れそう、と思ったのですが、プリペイドカードで買える機械はだれも並んでいませんでした。良かった。

前のは中国で大ヒットして、舞台になった北海道が中国人観光客で一杯になりました。続編は前の婚活の話の続きでお試し結婚がメインで、前回同様に葛優と舒淇というコンビで男と女のほんわかした駆け引きが描かれ、今回はそこに友人の悪性皮膚ガンの話が絡みます。期待通りの面白さでした。

お昼に映画を出てIFCモールの正月飾りを撮影しようと思ったら、飾りの前で伝統のライオンダンスをやっていました。と思ったのですが、あとで撮影した画像を見たらドラゴンダンスのよう。P2080367 MTRで旺角に移動してショッピングセンター朗豪坊でウォーキングシューズを新調。旧正月で映画館も混みそうなので、新寶戲院で映画のチケットを先に買って昼食にします。

昼食は上海坊拉麵小籠包。ここは香港に23軒あるチェーン店で、以前別の店に入って麵の腰のなさにがっかりしたんですが、やっぱり同じ。小籠包はまあ普通に美味しかったです。

映画は「我愛香港開心萬歲」。昨年の「72家租客」に続いてエリック曾志偉が作ったオールスターお正月映画。今回は公営団地がテーマで香港の人々の交流をコメディに包んで描きます。役者はトニー梁家輝, サンドラ吳君如, アニタ袁詠儀など。

次は旺角ブロードウェイで「最強囍事」。こちらはもっと長年続いているシリーズのお正月コメディ映画。何組ものカップルが結ばれるのが特徴です。サンドラ吳君如はこのシリーズによく出るのですが、今年は「我愛香港開心萬歲」ともう一本出ているのでこちらには登場せず。アクションスターのドニー甄子丹とカリーナ劉嘉玲姐さん、ルイス古天樂 とセシリア張柏芝が結ばれます。

映画のあとは勝利道の勝利小厨へ。有名な海南鶏飯をオーダーしました。白飯を付けるか訊かれてなぜかわからず頼んだのですが、白飯以外に鶏のスープで炊いたご飯もあるようでした。ソースがスパイシーで美味しかった。

ホテル近くに7番のバスで戻り、スーパーで醤油類を買い込みます。仕上げにホテル向かいの戀の蜜という甘いもの屋さんでデザート。このお店はいろんな材料を組み合わせてオリジナルメニューを作っています。その心意気はいいんですが、個々の素材の味はいま一つ。

<5201129

ホテルの朝食が美味しくないので甘粛街の始めての店、翡翠茶餐廳で朝食を食べました。茶餐廳で普通ある早餐のAセットとかが無くて焦ったけど通粉餐とかの同じようなセットメニューが夕方まで出る店でした。スープマカロニのボリュームが半端じゃなかった。

朝食のあとはまた甘粛街から43Mのミニバスで奥海城。最後の映画は「神奇俠侶」。まだ窓口が開いていませんでしたが、機械でチケットは買えました。

チケット確保のあと、近くの奥海公園に行ってみました。初めてだったのですが、オリンピック駅の名前の由来になった女子ボードセイリングの像があって感激。P2090381

映画「神奇俠侶」は古装のアクションコメディ。おとぎ話的ストーリーの家族連れ向けの映画で面白さは特にありません。主演はほかのお正月映画にも出ているルイス古天樂とサンドラ吳君如です。臺灣の若手王柏傑も出てます。

映画のあとショッピングセンター朗豪坊でチョコを買ってホテル近くへ。チェックアウトまでまだ時間があったので煲仔という一人土鍋を買いました。最初の店では蓋の閉まり具合が良くないので在庫を探してずいぶん待たされたあげくに明日来てくれと言われてしまいました。他の店でもなかなか見つからずダメかと思いましたが5,6軒回ってなんとか買えました。

東涌のスーパーで最後にドライマンゴ買って、空港のラウンジで昼食をとって日本に戻りました。帰りの飛行機では映画はみているものばっかりでした。

 

香港の記録(第三日)

<3201127

朝食は佐敦の維多利茶餐廳。珈琲をブラックにするか聞かれましたが、香港の茶餐廳では初めての体験かもしれません。香港ではミルクのたくさん入ったコーヒーが出てくるのが普通。

朝は尖沙咀のショッピングセンターthe One の映画館で「新少林寺」。アンディ劉德華が主演で軍閥時代の少林寺を描くアクション映画。かたき役がニコラス謝霆鋒。十月圍城では辮髮、綫人では出所直後の坊主みたいな頭だったので髪の多いニコラス君は久しぶりかも。

映画のあと香檳大廈の星座冰室を覗いたけどまだ正月休み。結局樂道の麵の店池記で昼食。そのあと尖沙咀のショッピングセンターの正月飾りの写真を少し撮ってからMTR東鐵線に乗って林村の許願樹に向かいました。大和の駅からミニバスも普通の二階建てバスも大勢並んでいましたが、少し待ってミニバスに乗れました。

許願樹はもともと蜜柑に願いを書いた札を紐でつなぎ、投げて木に引っかける習わしだったのですが、木が風雨で痛んでしまい、もとの木はリハビリ中です。いまは本物の蜜柑は使わずプラスティックの蜜柑を願い事につけて、棒に掛けて祈ります。P2070307P2070309P2070310

林村の許願樹では10日からの催しで年初一に尖沙咀を巡行した花車を展示するのですが、展示そのものはもう始まってました。

許願樹の帰りにリベンジで車公廟さんにもおまいり。そのあと紅館(香港體育館)で当日夜のWynners(溫拿)のチケットを購入。26番のミニバスでいったんホテルに帰って車公廟で買った風車を部屋に置きます。

夕食は佐敦道の金發餐廳で枝竹羊腩煲。これは香港の冬の定番です。P2070320

26番のミニバスの逆方向で紅館に戻り、いよいよWynners

譚校長ことアラン譚詠麟とB哥ことケニー鍾鎮濤を中心とした五人組です。中心の二人はソロで活躍する歌手。最初はこの二人ののジョイント風な展開から中盤以降はおやじバンド炸裂。Smoke on the Water, Sunshine of Your Love, My Sharonaときました。ノックアウトされちゃいました。途中の広東語のギャグが全く分らず残念でした。P2070324

コンサートを堪能して112番のトンネルバス(ただしトンネル通過後)でホテルに帰りました。

 

香港の記録(第一日、第二日)

先週旧正月の香港に行ってきました。

<1201125

6時少し前に自宅を出て、スカイライナーで成田へ。日暮里のエキュートで買ったサンドイッチで朝食を済ませ、ネットで見る映画を検索して考えます。成田のカードラウンジでコーヒーだけ飲んでセキュリティに。

機内の映画は周星馳の古い映画「大内密探零零發」。奥さん役の劉嘉玲がまだ若く可愛かった。

飛行機は順調に飛んで13時過ぎに香港へ。空港の到着ロビーで観光局のブースにいつも寄るのですが、資料の棚が小さくなってカウンターもなく、係の人が立って相手をしていました。縮小されたのでしょうか。

いつものようにS1のバスで東涌に向かい、MTRの電車に乗り換えます。東涌から出ているロープウェイ昂坪360は旧正月とあって大混雑。列が歩道橋を渡って向かいのショッピングセンターCityGateのほうまで続いています。CityGate周辺も人出が多く東涌にこんなに人が多いのはめったに見ません。

佐敦の萬年青酒店に投宿。今回はエレベータのない4Fではなかったけれどバスタブのない部屋になってしまいました。この部屋はハズレの部屋で、外の音や匂いもしてました。

部屋のネットに繋いで大阪アジアン映画祭の金曜の単身男女だけチケットを確保。

早めの夕食は香港のグルメサイト《開飯喇!》で急上昇中の旺角の民華餐廳へ行ってみました。茶餐廳メニューと米線と飲茶の点心が一緒に食べられる店で、米線を大辛にしたらちょっと辛かった。評判のわりには味は普通でしょうか。P2050288

旺角東駅からの人の流れに風車を持っている率が高い。風車は沙田の車公廟でお正月に売っている縁起物です。わたしも夕暮れの車公廟に向かってみます。

でも車公廟に来たときには閉まっていました。そういえば前回来たときも遅かったので入れなかったことを思い出しました。旧暦の大晦日と、ここに祭られている車公さまの誕生日とされている旧暦一月二日の夜は終夜開いているけれど他の日は5時半までで閉まってしまいます。

廟が閉まったあとも遅れた人相手に風車の店はやっていたがそろそろ店じまいの様子。わたしも再度来ることにして、近くのグルメ街大圍へ。

スイーツの店を探しましたが、ほとんどが正月休み。ホテルの店やファストフードや一部チェーンの飲食店は正月も無休ですし、新年会客目当ての一部のレストランと、チェーンの飲食店は旧暦一月三日ころには開いていますが、家族營業の小さな飲食店はまだ休んでいるところが多いです。チェーンの台湾紅茶の店貢茶でチョコレートミルクティを飲んだら口をヤケドしてしまいました。大圍ではVCD屋に引っかかって何枚か買い込んで帰りました。

<2201126

萬年青酒店で朝食。ここは必ず朝食込みの料金になっていますが、相変わらず恐ろしくマズイです。部屋の壁紙は新しく、有線LANでネット無料ですが建物はかなり古びてます。5階建てだから火事でも逃げやすいのですが、最上階にエレベータが行っていないのは難点です。ほとんどの部屋にバスタブがあるのに今回数少ないシャワーだけの部屋になってしまいました。農暦新年だからしょうがないかも。

朝は甘粛街から43Mのミニバスで奥海城に向かい、姜文監督・主演で周潤發の出ているピカレスク大作映画「譲子弾飛」を見ました。周潤發の味もいいけれど、監督が美味しいところは全部持っていている映画という感じ。

映画が終わったあと、本屋で香港街道地方指南の新しい版を購入。ここ数年、小冊子や一枚ぺらの地図や何がしかの付録が合ったのですが、今年は無いようです。

そのあと、香港のTwitter友達のお誘いで香港人映画ファンの若者の自宅でランチパーティ。奥海城で焼き鵞鳥とパンを買って北角に向かいます。鵞鳥は一羽を二つのパックに包んでもらったのですが、一方にだけ半羽の値札が貼ってあったのをレジの女の子が理解できず半羽分のお金しか取らなかった。得したけど罪悪感。

ホームパーティはランチのあとスクリーンを降ろしてのホームシアターでブルーレイを鑑賞して、さらに銅鑼灣で夕食まで。ちょっと特別な香港のまったりとした午後から夜を過ごしました。いい時間でした。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

フォト

ツイッター

リンク集