香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年の抱負 | トップページ | 香港の記録(第一日、第二日) »

2011年1月16日 (日)

1月15日マチネ 東京芸術劇場中ホール「ろくでなし啄木」

三谷幸喜作・演出の「ろくでなし啄木」当日券でみてきました。当日券発売の30分前に着いて7人すでに並んでおられました。でも当日券は20枚以上はあったようです。関係者席の放出もあったようで、前方中央のすごく良い席でした。

当日券を買って下に降りると劇場に入る三谷さんとエスカレータですれ違いました。ちょっと嬉しくなったのですが、入場すると今度はひとつ置いて隣に寺島しのぶさんが!!
思わずジロジロ見ていたら微笑んでいただき恥ずかしくなって目をそらしてしまいました。

お芝居は石川啄木が妻子を置いて東京に一人でいた時代のお話。三谷さんらしいコミカルな展開で謎めいたプロットが提示されています。コミックリリーフ的な部分は三谷節を楽しめ、プロットも休憩前までは期待させてくれるのですが、プロットにはちょっと無理があるかも。謎が解きあかされる展開も少し冗長かもしれません。

ただし役者が三人(藤原竜也、中村勘太郎、吹石一恵)とも達者でそのもたれる時間帯もたっぷり楽しませてくれます。特に中村勘太郎はまぁ、落語家みたいなノリで、おやじさんを凌ぐ名役者になってきたかも。

チケット安くないのですが、チケット代分以上には楽しませて頂きました。

« 2011年の抱負 | トップページ | 香港の記録(第一日、第二日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/50601014

この記事へのトラックバック一覧です: 1月15日マチネ 東京芸術劇場中ホール「ろくでなし啄木」:

« 2011年の抱負 | トップページ | 香港の記録(第一日、第二日) »

フォト

ツイッター

リンク集