香港の現状

  • Click for 香港, Hong Kong Forecast
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 香港の記録(第一日) | トップページ | 香港の記録(第三日) »

2010年11月16日 (火)

香港の記録(第二日)

<220101031

二日目は日曜日。朝から映画をやっていて、午前中は安い日。見たい映画を物色してありました。本当はその前に馬鞍山に新しく出来た海辺の遊歩道に行くはずだったんですが、とても起きられず。

朝食は近くの金家樂茶餐廳。中華と洋食が気軽に食べられ夜には宴会もできる大きなカジュアルレストランです。銀針というつぶした米を紡錘状にしたものはちょっと珍しくほかではあまり見ません。ビーフン(広東語ではマイファン米粉)や少し幅の広いホーファン(河粉)は普通にありますが。シイタケとひき肉のスープで出て来ます。Pa310139

シャワーを浴びて三たび12A ミニバスで旺角東へ。バーバラ黄真真監督、ミリアム楊千ワーとレイモンド林峯主演の映画「抱抱俏佳人」。6月の訪港のときに前作を見たのですが、監督自身が登場して素人のカップルを募集して映画を撮らせるという設定でツイストを利かせていた前作に比べ、今回の作品は王道を行くラブコメ。かなり笑いました。コメディエンヌのチンワーをうまく使っていました。

映画のあとは大衆書局で地図を購入し、日にち限定で公開の旧タイガーバームガーデン「虎豹別墅」へ向かう予定でしたが、ちとお腹の調子がいまいちで、また緑ミニバスでいったんホテルに戻ってトイレ休憩。暫時休憩のあと914のトンネルバスで港島方面に向かいます。ホテルからバス停が近くて歩かないのでよい選択だと思ったのですが、けっこうトンネル入るまでに九龍半島の西側でたくさん停留所があって意外と遅いのでした。時間があるので旧タイガーバームガーデン方面のバスに乗り換えるのに一番便利そうなバス停を調べると、湾仔消防局のバス停だとそのまま同じバス停で乗り換えられることが判明。そのことをツイッターに書き込んでいたら降り遅れそうになってました。バスはお昼時で本数が少ないせいか乗り換えもかなり時間がかかりましたが、かなり満員状態。現地に着いたのが1時でしたが、昼食時間帯にもかかわらずかなりの行列ができていました。行列に並んで門を入って入場かと思いきや、門の内側にも行列。ここで政府の人からパンフレットを貰いました。ここの建物が貴重だということで、政府が保存することになり、その改装前のプレオープンということのようです。並ぶこと約1時間でようやく入場。貴重な建物を見させていただきました。しかしタイガーバームガーデンで有名だったお庭の極彩色のお人形たちは新しく出来たアパートメントに消えていました。英語名もHaw Par Mansionであくまで建物を見せることになるようです。Pa310165

虎豹別墅見学を終えるともう昼食どきも終わりそう。バスで銅鑼湾に戻り遅めのお昼にします。蛇スープ(蛇羹)とレバー腸詰(潤腸)が有名な蛇王二というお店。この両方の名物料理が味わえるセットメニュー80ドルとちょっとお昼としては高めですが、蛇スープ単品でも高いので値段は妥当なところ。 潤腸ごはんと 蛇羹にゆでレタスのオイスターソースかけが付いてきます。美味しかったけど、潤腸はアルコールの香りが、蛇羹は花椒の香りが強すぎる。本来の味をもっと味わいたい気がしました。Pa310171Pa310170

食事を終えると3時すぎ。この日はランタオ島北部の貯木場がある鹿頸村に行く予定にしていましたが、暗くなってくるかもしれない。人の少ないところなので日を改めることにして、朝行けなかった馬鞍山の団地近くにある海濱長廊(海辺の遊歩道)へ行くことにしました。バスに少し乗るので、雑誌を買いました。いつも買うのは忽然一周/飲食男女/Me! のセット。女性向きのセットなんだけど、情報満載。でもMe!はファッションなので読まずに捨てます(^_^;981番のバスで馬鞍山へ。途中はほとんど止まらないので思ったより早い。雑誌もあんまり読まないでツイッターに書き込みしていたら早々に終点手前の馬鞍山公園に着きました。公園に入ると政府無料WiFiの看板。日曜の香港の公園はどこも同じですが、ここもフィリピンなど東南アジア系のメイドさんで一杯です。メイドさんに混じって公園の中のあずまやに座って政府無料WiFiに接続してみるとつながりますが、セキュアな接続のほうがいいよ、と表示されます。セキュアな接続にするための設定を調べて繋いでいたら、だいぶ日が傾いてきました。あわてて公園裏手の海濱長廊に出ます。もうちょっと先にはユースホステルがあり、きれいな桟橋が見えていましたが、きょうのメインは海濱長廊なのでまた来ることにしてパス。海濱長廊を散歩しながら画像を撮影します。もう日は香港中文大学の裏山に沈んだ模様。日曜の薄暮の遊歩道には散歩するひと、ジョギングするひとがけっこうたくさん出ています。遊歩道の脇にはところどころにジョギングトラックがありますが、全部は繫がっていないためか、遊歩道を走る人も多いです。内側にはサイクリングコースがあります。香港ではバス・電車がきめ細かく、自転車を実用的な交通手段で使う人は少ないと思いますが、健康のためにサイクリングをする人は増えているようです。サイクリング公園などもあちこちにできていますが、ここは郊外電車の駅で2区間分の遊歩道沿いでサイクリングできます。日本の公園と違って土の上を歩くところがありませんが、居住地域に密着していて便利です。ここは風力発電設備を設置したというのがニュースになっていましたが、数も少ないし、動いていない(^_^;シンボル的存在に止まっているようです。気持ちがいいのでイルカの「海岸通り」を鼻歌でアカペラで歌って歩きました。Pa310175Pa310176Pa310180

端から端まで歩くともう暗くなってきました。電器や服の露店が集まる深水埗に買い物に行くことにしました。山越えで遅いけど直通で行けるバスがあるようなので、バス停を探したんですが地図の見方を勘違いして方向が分からなくなり、電車にしました。駅を入ってひとつ隣の駅周辺のバス停地図を見ていたことに気がつきました。電車で深水埗に行くには4回も乗り換えるんですが、香港の場合ほとんど同じホームで乗り換えられるので便利です。香港の電車は地上や地下でも駅で平行して走るときには基本的に日本と同じ左側通行なのですが、馬鞍山の路線は朝の通勤通学で混雑する時間帯に流れる方向をスムーズにするため逆になっています。深水埗の露店で靴下とスポーツシャツを購入。昨日買った肌着は日本のスーパーで売っているグンゼの肌着の倍くらいしましたが、ここの露店ではその1/5くらいの値段。日本の半分以下です。そのあと駅の反対側の電機小物の露店でAC電源の分岐ソケットを購入。日本と同じプラグも直接刺さるので便利そうです。買い物のあとはデザート。糖水佬甜品というお店で楊枝甘露マンゴ味。ここは道を挟んで二つ店舗があり、頼んだメニューによっては向かいの店からの出前になります。Pa310188

デザートのあとはいったんホテルに戻ります。バス停が移転していたりしてちょっと不安でしたが、31Bのバスでホテルに戻りました。夕食はホテル近くの東南アジア系の麺とカレーの小ぎれいでかつ開飯でも点の高い喇沙で夕食。美味しいマレー風海鮮ラクサ麺を頂きました。雰囲気良かったけれどわたし以外はグループ一組とカップル5組。一人で食べているのは店のスタッフだけ。この周辺は繁華街でもないので日曜の夜遅くに一人で外食する人もいないのでしょう。帰りにタイ料理屋が移転して營業を続けているのを発見。良かった。Pa310190

 

« 香港の記録(第一日) | トップページ | 香港の記録(第三日) »

香港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548109/50048844

この記事へのトラックバック一覧です: 香港の記録(第二日):

« 香港の記録(第一日) | トップページ | 香港の記録(第三日) »

フォト

ツイッター

リンク集